交通事故

弁護士の相談の中で最も難しく面倒と思われているのが交通事故の相談です。交通事故というのは保険会社が絡んでくるために交渉がうまくいかないことがあります。自分の希望している損害賠償を受けられなかったり相手が自分の非を認めてくれなかったりすると、交渉が決裂してしまうことがあります。また、交通事故によって負傷をした際にお後遺障害等級の獲得というのも問題になってきます。

後遺障害等級14級というのは獲得するにあたって加害者側の保険会社が行うものです。しかし後遺障害等級が認められなかったり、とか等級を低く設定されてしまったりという例があります。このような時に適切な等級であるのか判断して欲しいと思ったり、後遺障害慰謝料の増額をして欲しいと思った時には弁護士に相談をするべきです。

この障害認定だけで、慰謝料の金額というのは変わってきます。中には相手の対応の悪さで疲弊してしまい折れてしまうということもあります。しかし、そのようなことをしては相手の思う壺です。相手に非があって自分自身が負傷しているのですから、しっかりと自分の正当性は主張すべきであり、その際に交渉で負けないためにも後ろ盾として弁護士に交通事故の解決を依頼することはとても重要なことです。